2011年02月20日

行動調査「駆け落ち」・大田区・愛人調査

PICT0211_convert_20110223130953.jpg ここは、目黒から私鉄線に乗り換え、とある駅から歩いて10分ほどの住宅地。 
目の前にあるのは萎びた木造の2階建ての賃貸アパート。 共同玄関で履物を脱いで上がる作りで、部屋は一間に風呂のない単身者用住居である。

 目指す被調査人(調査対象者)は、原日出子似の色白でややふっくらした男好きのするタイプで近くのスーパーで惣菜を買ってこのアパートに入ったばかりだ。 

 年配の調査員に部屋の割り出しをするように頼むと、2〜3分で出てくる。調査員は「2階の角部屋から話し声聞こえ、他の部屋はどれも留守だ」と言う。 
 
 平日の午後3時頃であれば留守宅ばかりなので、話し声が聞こえた部屋に間違いはないだろう。 いわゆる不倫調査のこの仕事は、4〜5日はかかると踏んでいたが、初日で終わりそうな様子であ
る。

 依頼者は50年配の勤め人の夫。依頼者に直接会ってはいないが、紹介者の情報では、妻・みどり(仮名)が4日前から帰っていない。
 
 間違いなく男がいる。
 この半年ほどある企業の社員食堂で賄いのパートに出ているが、酒を飲んで帰ることもあるし時間 も一定していないらしい。

 みどりは19歳の息子と夫との3人暮らしで今年42才になる。

 着手金20万円と写真を預かり一通りの特徴・趣味嗜好品を聞く。親類に頼れる所はないとのことで、社員食堂に出社していないことを確認する。 

 もちろん、依頼者である夫の性格・趣味・嗜好品も聞いてある。
 なぜかといえば、なんでも知ることにより調査員の想像から勘がはたらくようになるからで、それが当たらなくてもよい。モチベーションも維持できるから直接面談していたら性生活(具体的に月何回とか、好みの体位)も聞きたいところである。

 情報は少ないがそれだけに的を搾りやすい。 社員食堂の責任者に口外しないように(きっと、口外する。)みどりの最近の様子・噂を聞く。 食堂の客とはまず接触がないことや調理場の男性は55歳の独身板長・30代中半の既婚者二人。 

 責任者は年のころ40台半ばの体重100キロはありそうなデブで、禿げかかった頭を意識しながら(調査員が一瞬目をやったのが、まずかった。)得意気に話してくれた。 

 55歳の板長とは剃りが合わないらしい。 「無口な板長だが、みどりとは無駄話もよくしていた。」と話してくれたが、呼び捨てが気になった。口の軽い嫌な奴である。

 頼んで遠くから働く板長をチェックすると、高倉健をチビにした風体で、角刈りでムスっとしている。気難しそうな男である。 高倉健と原日出子。なんとなく合わないこともない
                                         つづく
            mirai@partner-8107.net パートナー探偵社 宇佐美 健
posted by 探偵サロン at 12:52| Comment(0) | 探偵サロン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: