2011年03月31日

富豪は働き者・尾行経過・大田区・愛人調査

先ほど話したように、張りこみで一番つらいのは、いるのかいないのか判らず張りこんでいる場合である。 

この場合も、もし外出されていたりしたら、張りこみはこのまま夜まで続くのだ。 それもボーっとしていられるわけではなく、あと何日も続くわけだからホテルの従業員などに目立たないようにして居なければならない。  それは無理である。 

会議が終わって部屋に戻ったのが9時近く。 ロビーと、めぼしい出入り口に分かれて張りこむ。 

この後、ロバートはホテルを3人で出てタクシーで麹町の霞友会館前にあるビルに入る。  われわれも入ると記者会見が行われていた。(内容は言えない。) 

ざっと見渡すと記者が50〜60名はいたと思う。  途中経過をA氏に報告すると「そのまま継続」との事。 

依頼者からの情報は「立ち回り先と・接触者の割り出し」だけで内容まで教えられていない。   
われわれは張りこむ車の中で「調査依頼の時期が遅すぎたのでは?」と不満を言いあっていた。  

霞友会館の裏手でロバートが入ったビルの出入り口を張り込んでいると、同会館の女性従業員が裏口のドアを鍵を使って開けている。 普段は使わないドアなのだろう。 

促されて出てきたのは、キャップを目深に被り大きなマスクをした「ラサール石井」である。   

本人は隠しているつもりなのだろうが、誰が見ても「ラサール石井」と判るのでこの人は『本当に天然だな』と二人で感心した。  

辺りを警戒して大げさにキョロキョロとしているのが滑稽だ。 車内で張りこむ我々に気付くとさらに驚いて一瞬棒立ちになるが、何度も振り返りながらどこかへ去って行った。    

さて、この日は何事もなくロバートも彼女の待つホテルに早々と帰ったので我々も調査を打ち切った。  

依頼者の期待するような立ち回り先・接触者が現れないまま何日か張りこみ尾行を続けるが、ある日彼女と一緒にホテルからタクシーで東京駅に着いた。 

新幹線の下りホームで同年齢の外人カップルと合流し4人で京都まで行く。  

仕事とは思えなかったが私たちも追尾する。 京都駅で駅前のタクシー乗場に並ぶ。  

話はそれるが京都のタクシーはいつもシッカリ尾行をしてくれない。  うまく行くか行かないかは別にして、日本各地でタクシーの尾行をしてもらったが、京都のタクシーだけは頼んでも聞いてくれない。   偏見だが閉鎖的な京都人気質だからと思ってしまう。
posted by 探偵サロン at 12:29| Comment(0) | 探偵サロン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: