2011年05月01日

経験者の失尾・大田区・愛人調査

尾行中に見逃しやすい状況例

当然だが目を話したときに見失うが、慣れて自信が出てきた頃
壁や柱・人ごみに隠れると予測を付けて目を離す。 

そして、どこにいるか判らなくなって慌ててジタバタする。
少し慣れてきた調査員にたびたび目にする光景だ。

このパターンは新人の頃あまり無いミスである。
予測をつけず、目を離さずに見ているからだ。

なぜ失尾したか判らない調査員は同じ事を繰り返す。
人ごみでは、だいたい3秒も目をつぶれば対象者が判らなくなるのだが、
探せば何とか見つけ出せる。 だからいつまでも直らない。

人の目は左右の移動には相当激しくても対処できる。 難しいのは遠近である。

一緒にやっていて調査員が目を離した隙に見失うときは対象者がすぐ目の前にいたりする。 
探している調査員は遠くばかり見て近くの対象者が判らない。

もちろん自分でも経験あることだが、私の場合背が低い(162センチ)ので人ごみでは近くに寄らないと見えなくなる。 だから通勤電車などでは、対象者と背中合わせに立っていたりする。 背の低い短所を工夫して来たので尾行者という気配を消す努力を長いことしてきた。  


妻の依頼で家出をした夫を勤務先から尾行する仕事が何度やってもうまく行かないという。 私にやってくれと言う。 

とりあえず一度尾行してみて様子を見ることにした。 勤務先から駅まで歩くのだが、踏切では渡らないで、電車が来るまで待って遮断機が降りて来るぎりぎりに渡る。 交差点でも青信号から赤信号に変わるまで待って後ろを見ながら渡る。 

だいたい様子が判ったので対象者に隙を与えるために一週間ほど間を開けて残業した日に決行した。辺りが暗くなるのと寄り道をせずに帰る可能性が高いことを考えた。  

このような調査の場合2〜3回に分けて少しづつ、範囲を絞ってゆくのだが何度も頼んでいるので依頼者のお金が続かない。 最後に成功した。 

尾行される側は始めと最後に一番警戒が強い。 途中の警戒は毎日のことなのでおざなりである。 踏切では先に渡っていたし、赤信号は隣に立っていた。 電車は一列車ぐらい見逃すだろうと踏んだらやはりやり過ごした。 

一番緊張したのは最終到着駅から歩いて帰るときである。 暗い夜道の昇り坂を後ろを振り返りながらトボトボ歩く、だいたい警戒するのは後方5メートルから20メートルなので間隔と歩調を変えながら堂々と追尾した。 ある場所で対象者が消えた。 その場所には2棟のアパートが並んでいる。

いったん通り過ぎ離れたところで様子を伺う。 約5分たった。 対象者が現れないのでのどちらかのアパートに入ったと思われる。 

探してみると、表札に連名で対象者と女の名前があった。 勤務先から1時間半離れているので安心しているのだろう。 

後日、依頼者の妻は休日の昼間、弁護士とアパートに出向いたそうだ。
posted by 探偵サロン at 18:48| Comment(0) | 探偵サロン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: