2011年03月02日

探偵は個人事業がよいわけ・大田区・愛人調査

PICT0211_convert_20110223130953.jpg探偵が個人事業がよいわけ
30年ほど前、日経新聞に探偵社・興信所の調査料として1日8時間として12万円と発表され た事はお話しました。


 当時、調査員の手当ては8時間1万5千円が相場で、行動調査は2人一組なので3万円。
なんと、調査会社は9万円も撥ねるのです。 しかも、経費は別。 他に日曜休日手当て・車両代の他に運転手当てまで請求していました。

 今は届出制になったとはいえ調査料金は会社によって全く違います。 警察庁も業者からアンケートという形でデータを集めている段階です。

 ほとんどの会社の調査料は出動手当プラス時間給という形で、依頼内容によりその都度変えている次第です。 たとえば一例で、家出人調査「着手金30万円プラス成功報酬70万円」などですが、話の内容で自信があれば「着手金10万円プラス成功報酬30万円」でもよいわけです。

 別に警察庁から指導されるわけでもありません。 いいかげんな探偵社の常套手段は、結果が判明(浮気現場や居所割り出し)しているのに調査日時を引き伸ばす作戦です。 この場合、依頼者が途中でストップをかけても「もう2日調査させてくれといいます。」すると必ず結果を出してくるのです。 
 このようなことをする調査員を何人も見てきていますが、必ずやめていきます。 癖にもなるだろうし仕事が詰まらなくなるに決まっています。 お金のためとはいえ嫌な仕事で良い結果を出せるわけがありません。

 始めに決めた依頼者が納得した料金で調査すれば、たとえ結果が出なくても堂々と話し合いがもてるし依頼者も判ってくれます。
 これが調査と営業の分かれた会社の場合、営業は実績を上げたいばかりに依頼者を煽って無理に受けてくる。 現場に居る調査員は辛い張り込みをしながら愚痴をこぼす。

 現場と営業はどこでも合わないものですが特に難しいのがこの業界です。

 だから探偵は個人事業がもっともふさわしいのです。

 無理して依頼者に合わせることもせず、納得するまで調査に没頭できます。

 ただ、依頼者というものは、安くしてあげたりすると必ず調子に乗りますし陰口をたたきます。 絶対に感謝されません。 お金は高くても貰ったほうが依頼者は感謝するものです。  つづく
posted by 探偵サロン at 19:54| Comment(0) | 探偵サロン

2011年03月03日

探偵は個人事業がよいわけ・大田区・愛人調査

PICT0211_convert_20110223130953.jpg
個人探偵開業説明会

今こそ、活かそう中高年世代の知恵・経験
40代から団塊世代のシニアビジネス


探偵と聞くと、あまり良くない印象をお持ちだと思います。
確かに何の制約もなく誰でも名乗ることができました。  

やっと、2007年6月から警察庁の指導で公安委員会への届出制になりました。 
それでも問題ばかり起こす派手な宣伝の業者は依然実在しているようです。

会社組織では調査員の教育、モチベーションの維持には限界があります。  
さらに、営業が依頼者の意向を調査員にうまく伝えられないなど多くのトラブルがあります。

 探偵暦35年の私が断言します。
 個人事業が最善の形態なのです。


今なら、開業届けを提出すれば誰でも受理され開業できるのです。 
「※欠格事由はあります」が、経験・資格も必要ありません。  

必要なのは、電話と人生経験です。
 事務所もいりません。 一人で出来るのです。


僭越ながら私が個人指導いたします。

講座費用¥8.000-(2名¥14.000-)開業届出書類・同指導
ご興味のある方は以下のいずれかの方法でご連絡ください。
仲間として歓迎いたします。

URL: http://tantei-salon.sblo.jp/
mail: mirai@partner-8107.net
TEL:03−5767−7740 FAX:03−5767−7741
〒143-0015東京都大田区大森西1−13
パートナー探偵社 宇佐美 健
     東京都公安委員会 第30070022号
posted by 探偵サロン at 18:15| Comment(0) | 探偵サロン

2011年03月20日

個人的な意見・大田区・愛人調査

探偵は人を疑うのが商売と思っている方は多いと思います。

それは少し違います。
疑うことを、可能性と理解してもらえれば適切といえます。

たとえばよく見かける、本当によく見かける自信たっぷりで得意気な(また、その逆で卑屈で自信のない)探偵は、仕事でなくても誰彼となく初めから人を疑います。

被調査人「対象者」の聞き込みでも、何とかアラを聞き出そうとするあまり単刀直入に「浮気してないか・ギャンブルに狂ってないか」などど、少し前の芸能レポーターがそうだったように酷い聞き方をします。

年配の調査員でも誤解して何年もやって来たのでしょうが、それだけにもう直りません。 

探偵は特に人を見る目は中庸にしていないと弱点や欠点が見抜けません。 初めから疑って間違った方向で人を判断すれば、隠している事があっても相手に騙され見抜けません。

たとえ、親の敵と思わせるような嫌なやつでも個性と思って、決めつけず普段から誰に対してもまっすぐに見ようとする姿勢が大事です。
posted by 探偵サロン at 12:16| Comment(0) | 探偵サロン