2011年04月01日

京都のタクシー・大田区・愛人調査

調査員はロバートたちより先にタクシーに乗りチップを渡して待機してもらい、ロバートたちの乗った後ろのタクシーが発車したのを見てから尾行をしてもらう。   

運の悪いことに個人タクシーである。   

昔、潜入調査でタクシーの乗務員をした経験があるが、個人タクシーは身元がはっきりしているから、その意味では安心だと考える人もいるけど意地が悪い。 

50メートルほど尾行するが『直後について』と言う私の言葉も耳にせず、あいだに他の車が割り込む。  失尾である。  

時間は夜の8時、一旦京都駅に戻り公衆電話で手分けして片っ端からホテルに電話をかける。  『○○さんはチェックインしましたか』と50〜60軒ほど聞いたが、見つからない。  

あきらめかけたら「はい、○○ロバート○○○様は先ほど4名様でチェックインなさいました。」と言われたので、2回も聞きなおしてしまった。  

なんとあの人物が、2流の観光ホテルである。 

早速、依頼者に報告したが「そんなところに泊まらない」と言われたので、こちらも見ていないので少し不安になる。      

われわれも同宿して朝6時からホテル内でロバートたちを待つが、ロビーの広さはビジネスホテル程度しかなく、とてもいられたもんじゃないが居直って交代でロビーに居座る。    

9時30分にロバートは4人でロビーに現れる。   ホッとして外で待機していると観光バスがホテル前に止まる。  ロバートは、われわれと目が合ってもまったく無警戒で笑いながら楽しそうに他の観光客とバスに乗り込む。  

バス運転手から京都観光ツアーと聞きだせた。  

依頼者にロバートの写真を撮ってあることを報告し調査打ち切りである。  依頼者から見れば観光旅行では期待が外れたかも知れないが、観光というハッキリした事実がわれわれの成果である。 この後ロバートへの調査は終了する。

調査対象がIT関連雑誌の役員に切り替わった。  この依頼は通算100日を超える。
                             つづく
posted by 探偵サロン at 13:18| Comment(0) | 探偵サロン

探偵は個人企業が適しています。・大田区・愛人調査

景気にも左右されない探偵は儲かるって知ってましたか、

さらに、探偵は個人事業がよい理由

会社組織では現場調査員の教育、モチベーションの維持には限界があります。  

さらに、営業が依頼者の意向を調査員にうまく伝えられないなど多くのトラブルがあります。

 探偵暦35年の私が断言します。
 個人事業が最善の形態なのです。

今なら、開業届けを提出すれば誰でも受理され開業できるのです。 
「※欠格事由はあります」が、経験・資格も必要ありません。  

必要なのは、電話と人生経験です。
 事務所もいりません。 一人で出来るのです。

営業と調査が分かれた会社組織では以下の不都合がある。

1.探偵の仕事は二度頼まれることは基本的にないため、営業は料金を如何に回収することばかり考え る。(結果調査がうまくいかなくても無理に請求する。)

2.依頼者は調査が判らないので営業の言いなりになり高額の調査方法を押し付けられる。

3.依頼者は弱みを話すので、多少不審に思っても強いことは言えない。(不満がたまる。)

4.調査員が営業を兼ねて依頼者と応対できるので、結果を出すのにもっともふさわしい調査を依頼者 と一緒に検討できる。

5.現場の都合・途中経過の状況を正確に報告できるので依頼者から信用される。(営業は都合の悪い ことは一切言わない)

6.従って、アクシデントやミスを理解してもらえるので結果、良い方向に調査が進み料金が予想以上 にかかっても気持ち良く支払ってもらえる。

7.個人でやるわけだが仕事内容によってその都度その仕事に得意な調査員に変えられる。(得意な分野 だけでもよいのだが、他の調査員との付き合いはお互いに欲しているので、気を使わなくてよい関 係で増えていく。) 

会社組織の調査会社はどこも閉鎖的。 社内では営業が中心で調査結果の悪いところはすべて調査員。(依頼者から聞く情報もいい加減で調査がやり難い。)
 調査が出来ない営業員に満足な仕事ができる者はいません。

本来、個人でやるものだった探偵業はいつの間にか会社組織でやるようになってしまった。

どんな大きな探偵社でも、調査は現場に出ている調査員個人の腕にかかっています。
依頼者から見れば、莫大な宣伝費や営業・事務社員の経費まで負担させられているのです。

主だった仕事を並べてみると
採用調査
身元調査
経歴調査
結婚調査
居所調査
個人信用調査
男女間調査・浮気・不倫
血統調査
その他チェック・サラ金、クレジット、公簿、ナンバー照会、番号照会、預貯金他
以上、どの調査も個人の探偵が処理するのです。

僭越ながら私が個人指導いたします。
講座費用¥8.000-(2名¥14.000-)開業届出書類・同指導
ご興味のある方は以下のいずれかの方法でご連絡ください。
お一人の参加からお受けいたします。
仲間として歓迎いたします。

URL: http://tantei-salon.sblo.jp/
mail: mirai@partner-8107.net
TEL:03−5767−7740 FAX:03−5767−7741
〒143-0015東京都大田区大森西1−13
パートナー探偵社 宇佐美 健
     東京都公安委員会 第30070022号
posted by 探偵サロン at 13:25| Comment(0) | 探偵サロン

2011年04月02日

大富豪最終回・大田区・愛人調査

対象者の役員達は休みもなく本当によく働くので、われわれは毎日それ以上に拘束されることになる。 

会社は24時間業務のフレックスタイムのせいか役員は毎朝6時前ごろから仕事を始めて終わるのが深夜である。  

私の体重65キロからは7キロ減ったが、心配は調査員たちである。 一杯飲ませる時間もないし体力よりもモチベーションが下がってきている。  

探偵の仕事はモチベーションが全てといってよいほどで、手を抜けばいくらでも抜ける仕事である。またそれがクセになる。  

私は仲介者には『もっとやりましょう、頑張ります』と言って持ち上げて、調査員には『依頼者がもっとやれと言っているので頑張れ』と言う。 依頼者には常にやる気のあるところを見せないと信用されない。 ダブルスタンダードである。      

依頼者はロバートが日本で何をするのか感づいているのだろう。  われわれには教えないが、次に引き継いだ調査対象者は、IT専門会社の元役員「i氏」と当時の役員の「F氏」。  

「i氏」この人は優秀らしいが見た目もあか抜けず、ボーっとして印象である。  IT会社を辞めているがモデルのような美人妻と毎日買い物三昧。  

調査員たちは「お金があるからあんな女がつくんだ」とひがむ。   尾行を気にするどころか人目のないところで妻のお尻を撫でている変わった人物である。     

いつもショルダーを下げていて、タクシーに乗ると必ずタクシーの後部窓にショルダーを置く。  このときわれわれは、それがショルダーフォンだと知った。  

当時地上げで世間を騒がせた、M興産の会長S氏に拾われ中目黒の新築ビルを借りて社長に納まったり、原宿のSアパートメントの取引で話題になったY銀次氏との繋がりまで調べたあげた。    確か一年も続かなかったと思うが、S会長が逮捕されてからほとんど同人の噂は聞かない。  「美人妻にも逃げられただろう。」と調査員はしたり顔である。   

さすが「ロバート」の狙っていたのは、もう一人の役員「F氏」であった。  30代だが白髪混じりで早朝から働き始め夜11時ごろまで会社にいたと思ったら、部下をつれて飲みに行く。  

飲んでも仕事の話ばかりで、必ず年上の人妻のような秘書を連れていた。  

深夜尾行していたら会社近くに二人の密会のアパートを発見した。  早速、依頼者に報告したら「あ、そうですか。」と意に介さない。  得意がって余計な報告をした私は間抜けみたい。  

その後、F氏と人妻風美人の関係がどうなったのかは知らない。  

後にロバート=B・G氏は「日本MS社」を設立し「F氏」を初代社長にして「W・・・・S」を発売した。
posted by 探偵サロン at 21:18| Comment(0) | 探偵サロン