2011年05月14日

盗聴・不倫妻・大田区・愛人調査

盗聴。いつ頃からだろう、テレビなどで話題になって皆が気にするようになったのは。 

つい先日の事、電話が鳴った。70年配の男の声でいきなり『盗聴かけられている。』と始まり、なぜそう思うのかと尋ねると『家に仕掛けたと言われた。』との返答。  
詳しく聞くため盗聴チェックの機材も用意して、自宅に向かうことにする。  

聞いていたマンションのチャイムをならすと、電話の男性と一緒に、やはり70年配の女性に出迎えられる。  依頼は女性の方でこのマンションに一人で暮している、電話の男性はその友人と紹介される。  

聞けば、依頼者の亡くなった旦那の兄が合鍵を持って留守中に忍びこんで来て何度も部屋の中をあらされたり物を盗られた。 警察に言っても相手にしてくれなかった。   どうも私には話しがよく理解できない。  

7階の部屋に鍵のかかっているベランダから入られたり、旦那の兄がなぜいやがらせをするのかと尋ねても要領を得ない答えしか返ってこない。  『盗聴チェックは3万円です。 』と断ってから持ってきた機材で各部屋と電話のチェックを始める。  

まったく盗聴機は見当たらない。  コーヒーを出してくれたので、その後1時間ほど二人の話しを聞きながら盗聴や部屋に入られたら証拠を保存できるようなアドバイスをして部屋を出た。  

聞き様によってはもっと深く旦那の兄や、目の前にいる友人との関係も聞けたと思う。  盗聴をかけた相手が『盗聴をかけた』などと言うからには意図するところが有るはずだ。   

依頼者の期待?に外れて申し訳ないが盗聴機がないということで安心してもらう。 これ以上私が詮索することは余計なお世話と結論付けた。  

その後、電話で合鍵の良いのがないか相談されたので、「二重ロックに」と提案したら話しの流れで私が買ってきて取り付ける羽目になってしまった。 これも人助けのひとつなので、サービスで引き受けた。  

昨日また、電話が来た。  「一度外したらうまく鍵がかからない」との電話。  乗りかかった船なので今から行ってよく説明してきてあげよう。

昔は盗聴発見するのが仕事になるとは思ってもいなかった。私は探偵なので依頼されて仕掛けることはずいぶん前からやっていたし、得意分野だったので一時は仕事の大半を占めていた。 

当初、盗聴機はFM派だけしかなくそれこそ普通のラジオでFM放送を聞いている人に偶然に聞かれるような代物だった。 

思い出した。  盗聴が探偵仲間でもあまり使われていない頃、地方在住の依頼者がたずねてきた。後に新聞にも掲載された話だが、○○ディーゼルという自動車メーカーに勤める社員である。 

わざわざ東京にまで依頼に来た理由は『社長の秘書を20年以上しております。社長は地元では新聞社から警察までにも顔が聞く名士なので内緒で着ました』と悲壮感いっぱいである。  

・社長の紹介で結婚したが、妻は結婚前から社長と関係を持っていた。
・大学にかよう二人の息子も社長の子供らしい。
・今でも関係が続いている。
『私は子供が可愛いので事実をなんと説明したらよいか判らない。 権力者の社長には地元で頼んだらもみ間違いなく消されるので、東京まで内緒で頼みに着ました。』
自殺を覚悟しているとも遠まわしに語ってくれた。

当時としては探偵でも衝撃的な話しであったのを覚えている。
盗聴機の設置は依頼者の自宅なのでいとも簡単に電話回線に仕掛けFM派を受信できるカセットレコーダーで自動録音するだけである。

仕掛けた当日、いきなり妻は社長に電話をかけた。  いやらしいくらい甘えた声で「今度いつ会えるの」社長『今忙しいからもう少し待ってろ』などの会話。 妻は会えないのが面白くないのか『主人が変に思っている』などと脅しにかかる。 

録音テープを聞いていた調査員でも吐き気がするほどいやな気分にさせられた。
当時としては破格の慰謝料を社長から勝ち取り、離婚して二人の子供は依頼者に付いたと聞かされた。 後日、スポーツ新聞に掲載されたゴシップである。

その他、人妻と不倫しているクセにその旦那とセックスして欲しくないからアソコの毛を剃って帰す依頼者。   この依頼者は人妻の自宅の電話盗聴までしていた。  調査員は録音テープを回収すると間違いなく録音されてあるか確認をしなければならないので、嫌でも依頼者と人妻の会話を聞くことになる。  こんな話しはいくらでもありますが、クドくなるのでこの辺にしておきます。
posted by 探偵サロン at 03:58| Comment(0) | 探偵サロン

2011年05月01日

経験者の失尾・大田区・愛人調査

尾行中に見逃しやすい状況例

当然だが目を話したときに見失うが、慣れて自信が出てきた頃
壁や柱・人ごみに隠れると予測を付けて目を離す。 

そして、どこにいるか判らなくなって慌ててジタバタする。
少し慣れてきた調査員にたびたび目にする光景だ。

このパターンは新人の頃あまり無いミスである。
予測をつけず、目を離さずに見ているからだ。

なぜ失尾したか判らない調査員は同じ事を繰り返す。
人ごみでは、だいたい3秒も目をつぶれば対象者が判らなくなるのだが、
探せば何とか見つけ出せる。 だからいつまでも直らない。

人の目は左右の移動には相当激しくても対処できる。 難しいのは遠近である。

一緒にやっていて調査員が目を離した隙に見失うときは対象者がすぐ目の前にいたりする。 
探している調査員は遠くばかり見て近くの対象者が判らない。

もちろん自分でも経験あることだが、私の場合背が低い(162センチ)ので人ごみでは近くに寄らないと見えなくなる。 だから通勤電車などでは、対象者と背中合わせに立っていたりする。 背の低い短所を工夫して来たので尾行者という気配を消す努力を長いことしてきた。  


妻の依頼で家出をした夫を勤務先から尾行する仕事が何度やってもうまく行かないという。 私にやってくれと言う。 

とりあえず一度尾行してみて様子を見ることにした。 勤務先から駅まで歩くのだが、踏切では渡らないで、電車が来るまで待って遮断機が降りて来るぎりぎりに渡る。 交差点でも青信号から赤信号に変わるまで待って後ろを見ながら渡る。 

だいたい様子が判ったので対象者に隙を与えるために一週間ほど間を開けて残業した日に決行した。辺りが暗くなるのと寄り道をせずに帰る可能性が高いことを考えた。  

このような調査の場合2〜3回に分けて少しづつ、範囲を絞ってゆくのだが何度も頼んでいるので依頼者のお金が続かない。 最後に成功した。 

尾行される側は始めと最後に一番警戒が強い。 途中の警戒は毎日のことなのでおざなりである。 踏切では先に渡っていたし、赤信号は隣に立っていた。 電車は一列車ぐらい見逃すだろうと踏んだらやはりやり過ごした。 

一番緊張したのは最終到着駅から歩いて帰るときである。 暗い夜道の昇り坂を後ろを振り返りながらトボトボ歩く、だいたい警戒するのは後方5メートルから20メートルなので間隔と歩調を変えながら堂々と追尾した。 ある場所で対象者が消えた。 その場所には2棟のアパートが並んでいる。

いったん通り過ぎ離れたところで様子を伺う。 約5分たった。 対象者が現れないのでのどちらかのアパートに入ったと思われる。 

探してみると、表札に連名で対象者と女の名前があった。 勤務先から1時間半離れているので安心しているのだろう。 

後日、依頼者の妻は休日の昼間、弁護士とアパートに出向いたそうだ。
posted by 探偵サロン at 18:48| Comment(0) | 探偵サロン

2011年04月02日

大富豪最終回・大田区・愛人調査

対象者の役員達は休みもなく本当によく働くので、われわれは毎日それ以上に拘束されることになる。 

会社は24時間業務のフレックスタイムのせいか役員は毎朝6時前ごろから仕事を始めて終わるのが深夜である。  

私の体重65キロからは7キロ減ったが、心配は調査員たちである。 一杯飲ませる時間もないし体力よりもモチベーションが下がってきている。  

探偵の仕事はモチベーションが全てといってよいほどで、手を抜けばいくらでも抜ける仕事である。またそれがクセになる。  

私は仲介者には『もっとやりましょう、頑張ります』と言って持ち上げて、調査員には『依頼者がもっとやれと言っているので頑張れ』と言う。 依頼者には常にやる気のあるところを見せないと信用されない。 ダブルスタンダードである。      

依頼者はロバートが日本で何をするのか感づいているのだろう。  われわれには教えないが、次に引き継いだ調査対象者は、IT専門会社の元役員「i氏」と当時の役員の「F氏」。  

「i氏」この人は優秀らしいが見た目もあか抜けず、ボーっとして印象である。  IT会社を辞めているがモデルのような美人妻と毎日買い物三昧。  

調査員たちは「お金があるからあんな女がつくんだ」とひがむ。   尾行を気にするどころか人目のないところで妻のお尻を撫でている変わった人物である。     

いつもショルダーを下げていて、タクシーに乗ると必ずタクシーの後部窓にショルダーを置く。  このときわれわれは、それがショルダーフォンだと知った。  

当時地上げで世間を騒がせた、M興産の会長S氏に拾われ中目黒の新築ビルを借りて社長に納まったり、原宿のSアパートメントの取引で話題になったY銀次氏との繋がりまで調べたあげた。    確か一年も続かなかったと思うが、S会長が逮捕されてからほとんど同人の噂は聞かない。  「美人妻にも逃げられただろう。」と調査員はしたり顔である。   

さすが「ロバート」の狙っていたのは、もう一人の役員「F氏」であった。  30代だが白髪混じりで早朝から働き始め夜11時ごろまで会社にいたと思ったら、部下をつれて飲みに行く。  

飲んでも仕事の話ばかりで、必ず年上の人妻のような秘書を連れていた。  

深夜尾行していたら会社近くに二人の密会のアパートを発見した。  早速、依頼者に報告したら「あ、そうですか。」と意に介さない。  得意がって余計な報告をした私は間抜けみたい。  

その後、F氏と人妻風美人の関係がどうなったのかは知らない。  

後にロバート=B・G氏は「日本MS社」を設立し「F氏」を初代社長にして「W・・・・S」を発売した。
posted by 探偵サロン at 21:18| Comment(0) | 探偵サロン

2011年04月01日

探偵は個人企業が適しています。・大田区・愛人調査

景気にも左右されない探偵は儲かるって知ってましたか、

さらに、探偵は個人事業がよい理由

会社組織では現場調査員の教育、モチベーションの維持には限界があります。  

さらに、営業が依頼者の意向を調査員にうまく伝えられないなど多くのトラブルがあります。

 探偵暦35年の私が断言します。
 個人事業が最善の形態なのです。

今なら、開業届けを提出すれば誰でも受理され開業できるのです。 
「※欠格事由はあります」が、経験・資格も必要ありません。  

必要なのは、電話と人生経験です。
 事務所もいりません。 一人で出来るのです。

営業と調査が分かれた会社組織では以下の不都合がある。

1.探偵の仕事は二度頼まれることは基本的にないため、営業は料金を如何に回収することばかり考え る。(結果調査がうまくいかなくても無理に請求する。)

2.依頼者は調査が判らないので営業の言いなりになり高額の調査方法を押し付けられる。

3.依頼者は弱みを話すので、多少不審に思っても強いことは言えない。(不満がたまる。)

4.調査員が営業を兼ねて依頼者と応対できるので、結果を出すのにもっともふさわしい調査を依頼者 と一緒に検討できる。

5.現場の都合・途中経過の状況を正確に報告できるので依頼者から信用される。(営業は都合の悪い ことは一切言わない)

6.従って、アクシデントやミスを理解してもらえるので結果、良い方向に調査が進み料金が予想以上 にかかっても気持ち良く支払ってもらえる。

7.個人でやるわけだが仕事内容によってその都度その仕事に得意な調査員に変えられる。(得意な分野 だけでもよいのだが、他の調査員との付き合いはお互いに欲しているので、気を使わなくてよい関 係で増えていく。) 

会社組織の調査会社はどこも閉鎖的。 社内では営業が中心で調査結果の悪いところはすべて調査員。(依頼者から聞く情報もいい加減で調査がやり難い。)
 調査が出来ない営業員に満足な仕事ができる者はいません。

本来、個人でやるものだった探偵業はいつの間にか会社組織でやるようになってしまった。

どんな大きな探偵社でも、調査は現場に出ている調査員個人の腕にかかっています。
依頼者から見れば、莫大な宣伝費や営業・事務社員の経費まで負担させられているのです。

主だった仕事を並べてみると
採用調査
身元調査
経歴調査
結婚調査
居所調査
個人信用調査
男女間調査・浮気・不倫
血統調査
その他チェック・サラ金、クレジット、公簿、ナンバー照会、番号照会、預貯金他
以上、どの調査も個人の探偵が処理するのです。

僭越ながら私が個人指導いたします。
講座費用¥8.000-(2名¥14.000-)開業届出書類・同指導
ご興味のある方は以下のいずれかの方法でご連絡ください。
お一人の参加からお受けいたします。
仲間として歓迎いたします。

URL: http://tantei-salon.sblo.jp/
mail: mirai@partner-8107.net
TEL:03−5767−7740 FAX:03−5767−7741
〒143-0015東京都大田区大森西1−13
パートナー探偵社 宇佐美 健
     東京都公安委員会 第30070022号
posted by 探偵サロン at 13:25| Comment(0) | 探偵サロン

京都のタクシー・大田区・愛人調査

調査員はロバートたちより先にタクシーに乗りチップを渡して待機してもらい、ロバートたちの乗った後ろのタクシーが発車したのを見てから尾行をしてもらう。   

運の悪いことに個人タクシーである。   

昔、潜入調査でタクシーの乗務員をした経験があるが、個人タクシーは身元がはっきりしているから、その意味では安心だと考える人もいるけど意地が悪い。 

50メートルほど尾行するが『直後について』と言う私の言葉も耳にせず、あいだに他の車が割り込む。  失尾である。  

時間は夜の8時、一旦京都駅に戻り公衆電話で手分けして片っ端からホテルに電話をかける。  『○○さんはチェックインしましたか』と50〜60軒ほど聞いたが、見つからない。  

あきらめかけたら「はい、○○ロバート○○○様は先ほど4名様でチェックインなさいました。」と言われたので、2回も聞きなおしてしまった。  

なんとあの人物が、2流の観光ホテルである。 

早速、依頼者に報告したが「そんなところに泊まらない」と言われたので、こちらも見ていないので少し不安になる。      

われわれも同宿して朝6時からホテル内でロバートたちを待つが、ロビーの広さはビジネスホテル程度しかなく、とてもいられたもんじゃないが居直って交代でロビーに居座る。    

9時30分にロバートは4人でロビーに現れる。   ホッとして外で待機していると観光バスがホテル前に止まる。  ロバートは、われわれと目が合ってもまったく無警戒で笑いながら楽しそうに他の観光客とバスに乗り込む。  

バス運転手から京都観光ツアーと聞きだせた。  

依頼者にロバートの写真を撮ってあることを報告し調査打ち切りである。  依頼者から見れば観光旅行では期待が外れたかも知れないが、観光というハッキリした事実がわれわれの成果である。 この後ロバートへの調査は終了する。

調査対象がIT関連雑誌の役員に切り替わった。  この依頼は通算100日を超える。
                             つづく
posted by 探偵サロン at 13:18| Comment(0) | 探偵サロン